代表あいさつ

こんにちは.
株式会社エボシステム代表の佐伯です.

私は

「農業の発展が人類の発展につながる」

と思っています.


例えば1人の農家が1000人分のお米を作れるようになった場合,残りの999人はお米とは別の何かを生み出すことができます.


日本で言えば基幹的な農業者の人口は200万人を下回り,日本の1億2000万の人口を農業者200万で支えているような状態です.(輸入もあるのでかなり大ざっぱな計算です)

農業者が減っていることはネガティブに捉えられていることが多いですが,逆に考えれば1億1800万の人は農作業をせずに暮らしていることになります.(すごく雑な言い方ですが...) これは凄いことなのではないでしょうか?

さらに今では「食料生産者」という側面から,美味しさや甘さなど,より豊かな暮らしを提供する,ある意味「サービス業」的な側面へと移りつつあります.

今までは主にトラクターを代表とした農業機械が農業の発展のもとになっていますが,これからは

IT技術やロボットがこれから先の農業の発展,人類の発展につながる

と考え,その手伝いができればと考えています.




現在私達エボシステムのメイン業務は

フルリモートワークでの受託開発(主にwebアプリケーション)

です.

メンバー全員が各顧客とのコミュニケーションを大切にし,納品して終わりの関係ではなく,システムが完成したあとの業務や改善策を一緒に担当することでビジネスの成長に貢献します.

例えば,予約システムの作成依頼を受ける場合,顧客に対してそのシステムに何を期待するのか,どうなったらうれしいのかをまずヒアリングします. 作成したあとにはさらにどこを改善したらよいか,修正点はないか一緒になって考えます.

また,私達のような小規模な会社ではやはりスピード感は重要だと考えています.
実際に,まずは最低限の機能で作成したシステムを触って確かめたいという要望を多く頂いております.
そのために自社で作成する部分と既存のサービスを組み合わせて作成する方針を提案するなど,柔軟な対応をできるよう日々新しい技術の取得や情報収集に努めています.




今後は業務のなかから得た知識を活かし,農業分野へ展開していくことを目標としています. 農業に対して使えそうな技術,生産現場から,消費者の手に届くまで,ITの活躍できる場はまだまだあると思います.

私達から自社サービスとしていくつか開発していく予定ですが,その他要望や相談あればご連絡お待ちしております.

会社概要

社名 株式会社エボシステム(EVOSYSTEM Inc.)
所在地 〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見11878−5
法人番号 9100001032040
設立年月 2019年3月
代表 佐伯 幸平
資本金 510万円
事業内容 ウェブアプリケーション・モバイルアプリ・各種自動化システムの受託開発, 自社オリジナルのソフトウェアサービスの提供,農業IT・農業IOT関連サービスなど